中折れへの対処法

中折れで悩んでいる方にお勧めの改善法とは!

中折れの原因には心身性と器質性があります

中折れには大きくEDが原因の場合と膣内射精障害の場合がありますが、ほとんどはED系だと言えるでしょう。そこで始めに言っておきたいのは、勃起して膣内挿入が出来る中折れ症状は、EDとしても軽度の症状であるという事です。ですから深刻にならずに適切なケアを行って落ち着いて回復させましょう。そこで20~30代は中折れ症状は心因性が殆どで、40~50代には器質性が多いとされています。

心因性EDによる中折れ対策

心因性ED対策では、まず人間関係や仕事上のストレスを丁寧に解消するケアとセックスに対するイメージトレーニングが効果的です。心因性EDは気持ちがマイナス思考の状態で発生しやすく、ペニスに自信がないとか性的テクニックが下手だとか、AV男優などと無意識のうちに比べてしまっている事が多いのです。ですから性的弱者意識を払しょくします。そこでベースとなるのが精神衛生管理です。つまり慢性疲労とストレスの解消から取り組みましょう。最も効果的な方法はストレスの原因となっているモノを取り除く事です。ですが仕事の場合はなかなか転職が難しいので、仕事を絶対視しないように努力してください。また自分の趣味でストレス発散をするのはもちろん、やはり体を動かして代謝アップをさせるのが最もストレス解消に効果的です。そして若い方は性経験が未熟なケースが多いために、過度の不安でEDになりがちです。ですから、好きな女性とのセックスをイメージトレーニングで行ってください。これはオナニーの度に何回も繰り返して、よりリアルに射精まで持っていくと有効です。こうして弱気や心配性を克服してみましょう。

中高年男性の器質性EDの中折れ対策法

また器質性EDの場合は生活習慣の改善が不可欠です。勃起力は加齢によるホルモン分泌の低下・筋肉量の減少などが原因で、精子量が不足したり血行の悪化で勃起力が減退するのです。それでまずは快眠の習慣を付けましょう。睡眠中の副交感神経の活性化で、ホルモン分泌アップと体組織・機能の修復が促進します。そして食事では精子の材料となるアルギニン・シトルリンなどのアミノ酸を十分に食べましょう。もちろんミネラル・亜鉛とビタミンE・Cも必要です。また血行アップのために炭水化物などの糖分を半分に減らし、タンパク質や魚介類、野菜を増やしたメニューにしましょう。そして筋トレで筋肉量を増やすと勃起力もアップします。この様にちょっとした改善で、中折れは充分に治療が可能です。